ケノンは販売開始から7年以上も経過しているのに、何で未だにNo.1脱毛器と言われているの?

最近ではムダ毛の処理に家庭用脱毛器を使う方が増え、多くの製品が家電量販店やネット通販で販売されています。

ムダ毛の手入れと言えば、一昔前はコストや手間を考えてカミソリやシェーバーで自己処理をするか、確実性を求めてサロンやクリニックなどに通ったりなどが主流でしたが、今はどちらのメリットも兼ね備えた「家庭用脱毛器」による処理が主流になりつつあるようです。

今や家庭用脱毛器は値段も性能も様々で、それぞれ比較検討するのが難しいほど多くの種類が各メーカーからリリースされています。

そんな中、7年以上もの間「家庭用脱毛器No.1」の称号をえている製品が「ケノン」です。

ケノンの登場は、それまでのムダ毛処理方法を根底から覆すほど大きなインパクトでした。

家庭用脱毛器によるムダ毛処理が今のようにポピュラーなったのは、ケノンの影響によるところが非常に大きいと言われています。

これまでクリニックやサロンでなければ難しかった本格的なムダ毛処理が、自宅で手軽にできるとあって家庭用脱毛器の利用者は爆発的に増え、同時に多くのメーカーが市場に参入し、様々な製品がつくられました。

しかし、消費者は後発製品ではなく、ケノンを選び続けてきました。

それにはいくつもの理由がありますが、最も大きなものは「結果の違い」と言われています。

脱毛器として一番重要なのは当然ながら、ムダ毛を処理する性能です。

ムダ毛を処理する性能は、強い光が照射できたり、連射ができたり、一度に広い範囲に光を当てられたりと、様々な能力の複合値で決まりますが、この複合値がケノンはずば抜けて高く、他の脱毛器とは一線を画しているのです。

また、購入からその後のサポートまで、一貫して日本国内で行われることも、多くのユーザーから評価されている点です。

利用者からは非常に高い評価のクチコミが多く、その数は13万件以上にものぼります。