知ってますか?顔の「うぶ毛」正しい処理の方法。

顔の産毛は、顔色が気になる方や、化粧のりが悪い方におすすめの脱毛です。

ただし、失敗すると肌を傷つけてしまいますので、デリケートな産毛の正しい処理方法についてご紹介します。

よく、毛を剃ったら余計濃くなってしまうという話が出ますが、これは事実ではありません。ですが、実際濃くなると感じる方が多いのには2つの理由があります。

剃ることで根元の毛が目立ち濃くなったように見える

毛は根元が1番太く、先端に行く程細くなっています。つまり、剃ることで、この後毛が伸びた時に、根元の1番太い毛が前面に出ることになるので、目立ってしまい、濃く感じてしまうのです。

間違った剃り方をしている

無理矢理剃ったりして皮膚を傷つけてしまうと、炎症を起こして、そのあと生えてくる毛が2つに分かれたり、毛が皮膚の中にめり込んだりします。このような毛が濃くなったと思わせてしまうのです。

いずれにしても、きちんと処理をしていれば濃く見えることはありません。では正しい処理方法をご紹介します。

おすすめは家庭用脱毛器

正しく行えばカミソリでも問題ありませんが、今後のお手入れの回数を減らしたいというのであれば、1番おすすめできるのは家庭用脱毛器です。フラッシュ脱毛器を選べば、痛みもほとんど無く脱毛サロンとほとんど同等の結果が期待できます。

カミソリやシェーバーと比べると金額は高くつきますが、定期的に使うことで徐々に毛が薄くなっていきますので、この先何十本もカミソリを買い続けることを思えばコストパフォーマンスは家庭用脱毛器の方が優れているかもしれません。

顔の産毛処理が1番の目的であれば、選び方には注意が必要です。

家庭用脱毛器は大きく分けてレーザー、フラッシュ、サーミコン式の3つに分かれますが、今後のお手入れを少なくしていきたいという目的であれば、フラッシュ式を選びましょう。

毛を焼いて切るサーミコン式や、毛を抜くだけのシェーバーは、即効性はありますが持続性はありません。また、レーザー式は産毛にはほとんど反応しない為、適していません。

家庭用脱毛器ケノンは、産毛の処理で非常に評価の高い製品です。また、家庭用脱毛器の中でも特にパワー・回数・照射範囲が優れていて、顔だけではなく体も一緒に脱毛したい方に特におすすめです。

目の周りを除いた眉毛・口周りなど、ほとんどの顔の部位の脱毛ができます。眉毛用のオプション機能もあります。

産毛、眉毛ともに処理出来る脱毛器は限られているので、ケノン一台あれば、ほとんどの処理ができる、優れた製品です。

今まで産毛処理に抵抗があった方は、一度本格的なお手入れを考えてみてはいかがでしょうか。