返品保証がある脱毛器ほど信用がおけない理由とは?

この脱毛器は「30日間返品保証あり!」と言われると、みなさまどう思われますか?

「安心して試せるから消費者としてはありがたいサービスだなぁ。」と思われる方は多いのではないでしょうか。確かに一見すると、脱毛器を試してからでも返品ができるのは、親切なサービスのような気もします。

しかし、この返品保証サービス、実は大きな問題をはらんでいる事をご存知でしょうか。

例えば、もしあなたが買った脱毛器が、

■他人の毛が付着した使用済品だったとしたら?

■見ず知らずの人がアンダーヘアに使用していたら?

■目に見えない菌がたくさん付着していたとしたら?

あなたは、届いた脱毛器を気持ちよく使うことができますか?

きっと誰もが使うのをためらうでしょう。

では、話しを元に戻します。みなさんは、脱毛器メーカーが返品保証で戻ってきた製品をどうするかご存知ですか?正直とても気になりますよね。

しかし、こればかりはいくら調べてもなかなか情報が出てきませんし、各メーカー毎にも違いがあると思います。

ですので、今回は一部のアンケート結果を参考までにご紹介します。

返品保証で戻ってきた脱毛器を、各メーカーがどのように処理しているのかは、みなさまのご想像にお任せしますが、これが返品保証サービスの大きな問題です。

もちろん、返品された製品はきっちり廃棄するといったケースも、あるのかもしれません。しかし、一台数万円もする脱毛器を、メーカーがそのまま廃棄処分するでしょうか。

常識的に考えても、その可能性はとても低い気がしますよね。

また、外側の見える箇所だけ新品にするという、部分的なリサイクルも考えられますが、やはり前述のコスト問題がある限り、内部パーツまで交換するのは考えにくいでしょう。

となると、やはり内部パーツが消耗した脱毛器が新品として販売される可能性をどうしても考えてしまいますね・・・。

返品保証が無い脱毛器は、失敗のリスクがありますが、裏を返せば使用済みのモノを買わされる心配はありません。

いずれにしても、返品保証がある脱毛器というのは、安心だけでなく、リスクもあるということをよく考える必要があるのかもしれません。