脱毛器を選ぶ基準。日本人なら日本製?

皆さんはムダ毛の処理、どうしてますか?

最近は、自宅にいながら、フラッシュやレーザーなどの家庭用脱毛器で、プロ顔負けのお手入れをする方が増えてます。

家庭用脱毛器の性能は、ここ数年で急速に向上し、いまや街中のエステティックサロンで処理をするのと、そう変らないとまで言われています。

一昔前までは、剃ったり抜いたり以外に考えられなかった自宅でのムダ毛処理が、本格的な家庭用脱毛器の登場で「一気にレベルアップした」といった感じでしょうか。

これまで使ってきた毛抜きや電動シェーバーを卒業して、これから脱毛器にトライしてみようと思っている人も少なくないと思います。

そこで、これから脱毛器を買ってみようかという人は、何を基準に製品を選びますか?

多種多様な家庭用脱毛器がある中で、どんなものを選べば失敗しないで済むのか、様々な参考情報がありますが、実際に脱毛器を購入した多くの方が「製造メーカー」や「製造国」を気にしたと言っているのはご存知でしたか。

家庭用脱毛器は様々な国のメーカーにより、様々な国の工場で製造されています。メーカーが日本や欧米でも、実際に製造しているのはアジア諸国の工場というのはよくある話しです。

しかし、ここで重要なのは、日本製かどうかというより、私たち使い手がどこの国の人種かということです。

もっと厳密に言えば、使い手の「肌の色」が脱毛器を選ぶ上で、重要な基準になるのです。

主に家庭用脱毛器は、瞬間的に高温の光を照射して、ムダ毛の処理を行います。この時、光はムダ毛だけではなく、肌にも刺激を加えます。そして、肌の色によって光の反応も変ってくるのです。

一般的に、白人の肌色を基準に作られた、欧米諸国メーカーの脱毛器は、黄色人種の日本人が使うと刺激が強過ぎる事が多く、痛くて使用をやめてしまうケースがあります。

また、メーカーが日本であっても、製造している工場は日本国外で、やはりベースとなる肌の基準が異なり、前述と同じく刺激が強く、思ったような結果が得られない事があるようです。

いま、ダントツの人気を誇る「超高性能脱毛器ケノン」は、メーカー「日本」、製造も「日本」と、分かりやすいほど日本人に適した脱毛器であり、日本の脱毛器市場で評価が高いことにも、うなずけます。

製品の性能や価格だけでなく、製造メーカーや製造国が、脱毛器を選ぶ基準になっている背景には、「自分の肌に合うものかどうか」を見極める重要な要素だからなんですね。