レーザー無理!もっと痛くない脱毛って無いの?

ムダ毛処理といったら、「レーザー脱毛」を思い浮かべる人も少なくないと思いますが、レーザー脱毛は「痛い」という印象もあります。

現にレーザー脱毛は高温の光を毛に照射して処理をしていく方法なので、熱さを痛みとして感じる人が多く、せっかくレーザー脱毛器を買ったのに、怖くて使えないという方も多いようです。

かといって、シェーバーやカミソリに頼り続けても、一生ムダ毛の処理に追われ、根本的な解決にはなりません。

また、自己処理を続けた場合、毛根の肥大化や、毛穴の黒ずみが発生しやすくなり、処理をする度に大事なお肌を汚しかねません。

でも痛いレーザーは絶対にイヤ。そんな時にオススメなのが日本製フラッシュ脱毛器「ケノン」です。

ケノンは、ほぼ全身に使える日本製の家庭用脱毛器です。その性能の高さから、いま日本で最も人気の脱毛器として、幅広い世代の女性、そして男性からも指示されています。

ケノンの脱毛方法は、レーザー式と異なるフラッシュ式。

レーザーよりもお肌に優しく、安全性も高い上に、照射する光の面積も幅広く、一回に割く脱毛の時間も短くて済みます。

このケノン。日本人のデリケートな肌に使うことを前提として開発されている為、痛みに関しては他の脱毛器と比べて、とりわけ意識して作られています。

照射する光の強さは10段階という、幅広い範囲で設定ができる上に、単発ショットだけでなく、3連射、6連射と、光のパワーを分割して照射してくれるモードもあり、刺激に敏感でレーザー脱毛を断念せざるをえなかった方たちも、ユーザーとして取り込んでいます。

また、刺激が無いなら使ってみたいという、脱毛未経験の男性からも強い支持を得ており、家庭用脱毛器を初めて使う層からの人気も高いのが、特徴的です。

既に出荷台数は50万台を超えており、痛みを気にせず、自宅で気軽に本格的な脱毛ができるので、利用者はさらに増えていく見込みです。

脱毛には痛みが付きものという概念が、ケノンの登場で大きく変わりつつあります。